adsoulが投稿した記事一覧

初心者のためのスノーボードの選び方

投稿者:adsoul

初心者必見スノボに行く前の準備

初心者必見スノボに行く前の準備

スノーボードに行く時に持っていくモノって沢山あって大変!

何を待ってくかまとめてみましたので参考にして下さい。

スノーボード用品

  • ボード
  • ブーツ
  • バインディング
  • ウェア
  • ゴーグル
  • リューシュコード

初心者で初めてスノーボードをするならレンタルがオススメです。この先スノーボードを続けられるかわからないのであれば道具を揃えるのは高額になってきますので1回7000円程でボード、バインディング、ブーツが借りられるレンタルが○

準備に関しても持っていくものが大幅に減らすこともできますので楽ちんです。

 

ウェアなど

  • アウター
  • インナー
  • ニット帽
  • グローブ
  • 靴下
  • 下着

スノーボードウェアの中に着る防寒性のあるインナーは必須です。ユニクロのヒートテックを持っていく人が多いでね。
トレーナー、フリース、ジャージ、タイツなどインナーをしっかり用意しないと寒くてスノーボードどころじゃなくなってしまいます。
靴下は厚手のモノが好ましく、くるぶしソックスはNGです。
日帰りでも初心者なら転倒も多くあると思いますから下着を1枚は持っていったほうが帰りに困りません。

 

小物類

  • フェイスマスク
  • ネックウォーマー
  • ベルト
  • リフト券入れ
  • ゴーグル用くもりどめ
  • 防水スプレイ
  • タオル
  • 小銭入れ

フェイスマスクとネックウォーマーは防寒具として必須レベルです。リフト券入れもあると便利ですしなくす心配もなくなるので揃えておきましょう。

ゴーグル用のくもりどめはないとゴーグルが曇って視界が悪くなり危険ですので揃えておきたいですね。

 

初心者必見スノボに行く前の準備のまとめ

アレもこれも持っていくとかさばるし大変ですので上記のモノは最低限要しておけば心配ないでしょう。

またあれば便利なもとしてカイロ、衣類圧縮のジップロックなどが上げられます。

帰りに濡れた衣類をそのまましまいたくないですからね。

泊まりで行く場合はその他宿泊先で使うものが追加されますので必要な物を準備しましょう。

初心者のためのバインディングの選び方

初心者のためのバインディングの選び方

バインディングとは板とブーツを固定するためのもので。ビンディングと呼ばれることもあります。バインディングは板に装着するためにビス(ネジ)を使用します。最もポピュラーなものがバインディングを4つのビスで固定する4×4となります。

 

バインディングを購入する時

板のビス受けとバインディングの形状が一致しないと取り付けができないのであまり知識がなかったりわからなければ板を持参して選ぶことをオススメします。

 

ちなみにバインディングはブーツを固定するものですからしっくりくる最適なものを選ぶ必要がありますのでブーツも持参していくほうが良いでしょう。

 

せっかく板にバインディングを装着してもブーツとの相性が合わなければ意味がありません。かかと部分が合わなかったりしっかりと固定できなければ快適なスノーボードは実現できません。

 

特に初心者は個別に買うよりも板とバインディング、ブーツがセットになった同じメーカーの物を購入しても良いかと思います。

 

安定した滑りをするために

バインディングにはブーツを固定するストラップがつま先と足の甲にかかるようにあります。

 

このストラップの素材が硬いものは滑っている内に足を余計に圧迫して痛くなる原因にもなります。また薄い素材は安定性に欠けますので素材のしっかりしたものを選びましょう。

 

バインディング選びのまとめ

バインディング選びで大事なのは問題無く装着できるか、フィット感は大丈夫かになります。ブーツは靴のように0.5cm刻みで売られていますがバインディングはS,M,Lのサイズしかありません。

最終的にはブーツはバインディングについているストラップで固定するので長時間装着していても疲れない素材を探すといいかもしれません。

 

初心者のためのウェア選びは見た目で選んでもいい

初心者のためのウェア選びは見た目で選んでもいい

スノーボードウェアの選ぶポイントとはなにがあるのでしょうか。
デザイン?機能性?値段?

実はウェア選びは気に入ったデザインから選んでも大丈夫なんです。
どこを重視して選ぶと失敗しないウェア選びができるのかお悩みの方は必見です。

 

スノーボードウェアは機能性とデザインで選ぶ!

ウェアは気に入ったデザインをまずチョイスすることをオススメします。意外に派手なデザインを避けがちですがゲレンデに出れば周りは派手な人も多いので逆に目立ちすぎることはあまりません。

 

初めてウェア購入する方が良く失敗する例としては値段を気にして安価な物を選ぶことです。もちろん予算もあるでしょうから値段も大切な要素ではありますがあまり安価なものを選ぶと返って高く付くことがあるからです。

 

生地一つとっても防寒面、防水面で弱いと快適にスノーボードを楽しめなくなってしましますからしっかりしたそれなりのものを選ぶべきといえます。

 

また初めてする方などはレンタルや友人に借りたりして続けられるか見極めてからウェアを購入するのも良いと思います。

 

身につけるものですのでお気に入りのものでそれなりのものを揃えられれば気持ち的にも楽しいでしょうしきっと上達も早くなります。逆に安価な低品質のモノを選べば楽しさも半減してしまいまた行こうとは思えなくなってしまうのではないでしょうか。

 

ウェアで失敗したあるあるから学ぶ

素材が薄いためインナーに水が染み込んできた。

そんな経験したことがある人は多いはずです。

初心者は中級者や上級者に比べて転倒など雪に接する回数が多いことは明白です。

生地の薄いウェアを着用していれば水が浸透してきますし、快適にスノーボードを楽しむ弊害となってしまします。

 

ウェアには耐水性(耐水圧)が表記されていますので確認してある程度防水性のあるウェアが望ましいといえます。

 

品質の良いものを安く手に入れるには

スノーボード用品の多くには流行があり、シーズンごとに新商品が発売されます。

なので家電製品のように型落ち商品が存在します。

 

型落ち商品は高品質でも安価で手に入れられることも多いですしあまり古くなければ流行はずれなデザインもないのでオススメといえます。

 

また購入時期も価格に大きく関係してきます。

スノーボードは冬のスポーツですからシーズンをずらすことで安く購入ができるのです。

 

 

 

スキー/スノボツアーの選び方

スキー/スノボツアーの選び方

スキーやスノーボードに頻繁に行く人であればどこのスキー場がいいとかそういった情報は多少なりとも持っていますが初めて行くとなるとパーケージとなっているツアーを利用することもあると思います。
そんな時どのツワーがいいのかどこをチェックするべきをこのページで参考にして頂けると幸いです。

レンタルのオプションは内容をチェック


スキーやスノボのツアーの中には、手ぶらでも参加できるようにレンタルスキー、レンタルスノボのサービスがオプションとして入っているケースがあります。こうしたものを現地でレンタルすると結構な金額になるため、一見すると大変お得なオプションにも思えますが、その実態は全く異なります。

オプションとしてレンタルすることのできるものはあまり整備されていない、もしくはメンテナンスの行き届いていないものであることが多く、いわゆる安かろう悪かろうのようなものであることがほとんどです。このため、レンタルをする場合には相場を調べたうえで質のいいものを借り、安いものを借りる時には品質の悪いものがあることを覚悟することが必要です。

 

レンタル・リフト券の条件もチェック

リフト券などに関しても様々なものがあります。滞在期間中はリフトに乗り放題、あるいは1泊ごとにリフトの1日券がついてくるなどのオプションがある場合があり、できるだけお得に利用するのであれば滞在期間中に乗り放題である方がお得に感じます。スキーやスノボが好きな人は毎日のように乗っていたいと思うものですが、実際に現地に行くと予定が変わることも考えられます。

例えば、ツアーで知り合った女性、男性と親しくなり、観光地で遊ぶケースもあれば、筋肉痛で動けない、もしくは天候が悪くて利用できないなど様々なケースが考えられます。このため、様々なことを想定し、一番ベストであろうプランを決めておくということがこの場合求められます。

ホテル、旅館の条件をチェック

 

ツアーによっては、ホテルや旅館を選ぶことができるようになる一方、安いツアーの場合にはそれができず、指定の宿が用意され、指定された食事を食べることになります。指定された宿がスキー場から時間がかかるようなところであるケースも考えられ、もしゲレンデの近くの宿に泊まりたいのであれば、お金をある程度かけることが必要です。

一方、利便性の高さを考慮することも大切です。安いツアーで指定される宿は需要があまりないから安く泊まることができるため、利便性においても犠牲にしなければいけない面があります。快適にツアーを過ごしたい、楽しみたい場合には宿を選べるツアーにし、それぞれの宿を比較検討してチョイスすることをおすすめします。

 

人気のスキー場ほど価格は高め

 

スキーやスノボを楽しむためには、雪質やコースなども重要になります。人気のスキー場に関してはどうしても価格が高く設定されてしまう傾向にあります。しかし人気のスキー場というのはやはり人気があるので人がたくさん来ることが考えられます。ですから高いお金を払ったのに混雑しすぎて思ったように滑れないということもあるのです。 ツアーを選ぶ時には、知名度の高いスキー場で選ぶのではなく、混み具合や価格なども考慮しましょう。 全国にはあまり名前は知られていなくてもよい雪質でいいコースがあったり、価格も安いのにとてもいいスキー場というのはたくさんあります。スキー場についても情報を集めておくとお得なツアーを見つけることができるかもしれません。

 

大手旅行会社が高いとは限らない

スキーやスノボのツアーに参加する場合には、旅行会社の大きさにかかわらずいろいろと比較してみるとお得なツアーを見つけることができます。中小の旅行会社の方が安いというイメージがあるかもしれませんが、曜日や時間帯、時期によっては大手ツアーの方が安くなっていることがあります。 また大手の旅行会社では時折キャンペーンなどを行うこともあるので、普段は高くてもその時だけは格安でいけるツアーというのも登場することがあるのでチェックしておくとお得にツアーに参加できる可能性があります。 また同じようなツアーでも宿泊する施設のグレードが違っていたりするので、価格だけでなくツアー内容もよく確認するとお得にスキーやスノボを楽しめます。

 

リフト券付きはどこまでお得?

例えば前日の深夜に出発して、一日スキーやスノボを楽しんでまた夜バスで飼えるといった弾丸ツアーの場合はリフト券があった方がお得です。けれどもスキーやスノボのツアーだけどスキー場の周辺に温泉やショッピングモールなどがあって観光も楽しめるという場合は、スキーやスノボを楽しむ日と温泉などの観光を楽しむ日と分けることもできますので自分でリフト券を手配した方が安くなる場合もあります。 また家族でツアーに参加するときも滑ったり滑らなかったりする人もでてくるかもしれませんので、ついてない方がお得かもしれません。 またツアーにリフト券がついている場合は、悪天候などで滑れなくても払い戻しなどができないケースが多いので気をつけましょう。