初心者のためのスノーボードの選び方

初心者のためのスノーボードの選び方

初心者のためのスノーボードの選び方

はじめまして初心者のためのスノーボードの選び方へようこそ!
当サイトはスノーボード初心者が道具を選ぶ時の方法や注意点をまとめサイトになります。
新しい道具を揃えることはゲレンデにいく楽しみを1つ増やしてくれます。せっかく自分のアイテムを揃えるなら失敗しない選び方を知っておきたいですよね。
初心者の方は特にわからないことが多いと思いますので参考にしてみて下さい。

初めてのスノーボードの板選び


専門ショップ行くと種類の多さに圧倒されていまほど実に沢山の板が販売されています。ブランドだけでも数十社とありその中でも性能やスタイルに合わせた自分に合う板を1枚選ぶことは至難の技と言えるでしょう。
はじめはデザインで選ぶのもいいですが最低限は用途に合わせたモノを選ぶようにしましょう。
全く自分に合わない板で滑走することは怪我にも繋がりますすぐ疲れてしまいスノーボードを純粋に楽しむことができなくなってしまします。

ここではブランドや用途に応じたスノーボードの板の種類をご紹介致します。

フリースタイル用

スノーボードにはどのようなプレイスタイルを選ぶかによって、使う板が違ってきます。最終的には目指す方向性にあった専用の板を選択することになります。
その段階まで到達していない初心者にオススメなのが、フリースタイル用の板です。フリースタイル用の板はその名の通り、使う人を選ばない板です。一般的に想起されるスノーボードの板はこれではないでしょうか。
後述するような板の種類とは違い、ある用途に特化した特徴が無い分、スノーボードに慣れた中級者以上の人には「帯に短したすきに長し」といった存在になってしまいます。
逆に言ってしまえば、初心者でも扱いやすい万能性を備えている板です。これからスノーボードを初めてみたい人、初めたばかりの人はもちろん、自分のスタイルの方向性がまだ定まっていない人も、この板を用いるのがよいでしょう。
万能性があるので、中・上級者の人も変化が欲しいときや、友人に貸し出すときなどのために一枚は持っておくと便利です。

 

ジブ・グラトリ用

ジブ・グラトリ用の板はトリックを決めやすいように特化した板です。
ジブとは、雪上に設置された細長いレールの上や長方形のボックスの上を滑ることを言います。これらはスキー場内の専用のパークにまとめて設置されていることが多く、形状や難易度も様々です。
グラトリは「グラウンドトリック」の略で、パーク内ではなく、通常のコース内の比較的平地の部分で行うトリックのことを指します。
フリースタイル用の板でこれらのトリックをしようとすると難しく、やはり特化タイプの板が必要になるでしょう。ターンやジャンプがしやすいことが求められるので、板の長さが短く、また柔軟性が高いのも特徴的です。
ただ、スピートが出にくかったり、柔らかすぎても反発力が弱くなって初心者には扱いにくくなるなど、用途が用途だけに癖も顕著に出やすい点には注意が必要です。
まずはレンタルを利用し、自分の力量や、やりたいトリックに合った板を探すとよいでしょう。

 

フリーライド用

フリースタイル用の板を、もう一段階「滑る」能力をアップさせた板といえるのがフリーライド用の板です。
これがフリーライド、という定義はありませんが、その分、高速カービングやショートターンにも対応し、滑る場所もきちんと整備されたコースから、全く手付かずのコンディションも滑ることができます。滑る場所を制限されない板というわけです。
強い浮力が感じられるほどの滑り心地を特徴としている板もある一方で、振動吸収性やターンのしやすさを売りにしている板などもあることから、様々な環境に適応しつつ、さらにプラスの特徴を持たせた板が展開されていることがわかります。
スキー場で一日でたくさんの降雪があると、圧雪が間に合わず、ほぼパウダースノーが積もっただけの状態になることがあります。そうしたコンディションの中を滑るには最適な板です。もちろん、まれに見かけるコース外を滑る行為は危険であり、遭難の可能性もあるので絶対に禁止です。

 

カービング用

カービング用の板は高速での滑走を重視した作りになっています。
板の特徴は、他のスタイル用の板に比べると硬く、細い形状をしています。硬い板はスピードが出やすく、また細いのでエッジの切り替えもしやすいでしょう。
一般的にスノーボードでイメージされるトリックを披露するような楽しみ方ではなく、速さを楽しみたい人にオススメです。
カービング用の板を極めていくと、アルペンスノーボードにたどり着きます。競技人口は全スノーボーダーの一割とも言われていますが、日本人選手がオリンピックで銀メダルを獲得したことにより、注目度が上がりました。アルペンスノーボードは、専用のシューズもスキーブーツのようなハード素材で作られており、始めるハードルは高いように思われます。しかし、アルペンスキーを経験していた人なら、板の硬さにもシューズの硬さにも慣れているでしょうし、むしろ始めやすいかもしれません。
ゲレンデを高速で滑走し、その速さを楽しみたい人は、カービング系の板を選ぶといいでしょう。

 

ボードの長さ・硬さ


ボードの長さでよく言われるのが身長の-15cmですが実はあまり当てにしすぎるのはよろしくありません。
あくまでも目安として使いましょう。板選びは身長以外に体重や脚力なども関係あります。

長い板は安定するけども小回りが効かない、短い板は小回りが聞くけどスピードが出た時の安定感が低くなるのでおっかなく感じるのではないでしょうか。

一概に長い短いだけでなく横幅を調整することで安定感を増すことは可能ですし硬さでも調整は可能です。

また形状によっても変わってくるのでやはり長さだけでは適切な基準とは言い切れないでしょう。

プレイスタイルによる長さ調整

スノーボードを選ぶ時にまず意識しておかなければいけないのが、プレイスタイルです。
ただスノーボードを楽しみたいという人もいれば、トリックを楽しみたい、しっかりとスピードを出して滑りたいという人もいるでしょう。
一般的にボードを選ぶ時には、身長に比べて15cmから20cm程度短いボードを選べば良いとされています。
身長が低い人の場合、15cm程短いボード、身長が高い人の場合、20cm程短いボードが基準となります。
更に、プレイスタイルでトリックを重視するというのであれば、それよりもやや短めのボード、滑る時のスピードを重視するのであればやや長めのボードを選んでおくと、理想通りの滑りを楽しみやすい状態となります。

 

硬さによる違い

スノーボードをしっかりと楽しむ為には、ボードの硬さも重要になってきます。
柔らかいボードを選べば、ターンがしやすくなります。
ですから、滑り慣れていない人の場合は、柔軟性のある柔らかいボードの方が、スノーボードを楽しみやすくなります。
ただ、柔らか滑りにくいと感じる事があるので、適度な柔らかさのものを選んでおく事がおすすめです。
滑り慣れてきたら、プレイスタイルに合わせて柔らかいボードか、硬いボードを選んでいく事になります。
硬めのボードはスピードが出やすく、上級者向けと言われますが、上級者のプレイスタイルは人によって様々です。
硬いボードを選ぶ人も多くいますが、人によっては柔らかいボードでスノーボードを楽しむ人もいます。

 

硬さの確認方法

ショップ等でボードの硬さを確認したいと考えた場合、まずは触れてみる事が有効です。
ボードの片側を手で持ち、ボードを真っ直ぐに立てた状態にした上で、真中部分を軽く手で押してみると、柔らかいボードの場合はよくしなり、硬いボードの場合はあまりしならない状態となります。
一つのボードだけで確認した場合、硬いのか柔らかいのかを判断する事が出来ません。
ですから、いくつかのボードに触れてみて、柔らかいボードと硬いボードの違いを覚えていく事がおすすめです。
それによって、今後、軽く触れるだけで、柔らかいボードか硬いボードかを判断できるようになります。
ボードの硬さを確認したいと考えたら、まずは実際に触れてみるという事がおすすめです。

スノーボードブランド

  • バートン(BURTON)
  • サロモン(SALOMON)
  • ヨネックス(YONEX)
  • リブテック(LIBTECH)
  • ロームエスディーエス(ROME SDS)
  • ライド(RIDE)
  • ノベンバー(NOVEMBER)
  • キスマーク(Kissmark)
  • ケーツー(K2)
  • ファナティック(FANATIC)
  • グヌー(GNU)
  • グレイ(gray)
  • ステップチャイルド(STEP CHILD)
  • ゼロワンワンアーティスティック(011 artistic)

スノーボードブランドによってもデザイン、価格帯、素材などまちまちですが初心者向けの低価格帯を取り扱っているブランドもありますのでチェックしてみて下さい。